インフルエンザウイルスを消毒液で倒そう|ウイルスバイバイ

特徴的な症状

ウィルス

インフルエンザは、風邪と似ている症状もありますが、急激な発熱や関節痛などの特徴的な症状もあります。インフルエンザは、飛沫感染や接触感染によって感染するので、注意しておいたほうが良いです。

詳細を読む

上手に予防

女性

インフルエンザを予防したいなら、ワクチンによる予防接種をすると良いでしょう。インフルエンザにかかりにくくなりますし、重症化も防ぐことができます。抵抗力を高めることも予防する上で重要になります。

詳細を読む

消毒液の活用法

ウーマン

インフルエンザは高熱が出る病気、と認識している方が多いですが、詳しい知識を持っておけばしっかり対策することができます。インフルエンザウイルスが、体内に侵入したからといってすぐに発症するわけではありません。1日~3日ほどの潜伏期間があり、その間にウイルスが増殖していきます。潜伏期間は、症状が出ないので、自分がインフルエンザに感染していると気づかないことがほとんどです。しかし、その間でも他人にうつしてしまうこともあるので、注意しておいたほうが良いです。インフルエンザになってしまうと、学校や会社に行けなくなってしまうので、周りの人に迷惑がかかってしまいます。インフルエンザにかからないためにも、消毒用エタノールを使用して予防したほうが良いです。消毒用エタノールを使用すれば、キッチンや冷蔵庫、窓などよく触る部分を簡単に殺菌することができます。インフルエンザは、接触感染することもあるので、消毒用エタノールで殺菌をしておけば予防になります。

インフルエンザのような病気を予防する方法と言えば、手洗いです。外から帰ってきたら、まずは手洗いをすることが重要になります。ただ、適当に手を洗っただけでは、予防の意味がなくなってしまいます。また、手洗いだけでは落としきれないウイルスも残ってしまうのです。そういうときにアルコール手指消毒液を使用することで、高い効果を発揮します。石けんで手洗いをする場合は、30秒以上時間をかける必要がありますが、アルコール消毒なら10秒でインフルエンザウイルスを消毒できます。

治療方法

看病

インフルエンザに感染したら、病院で検査を受けて、治療薬を処方してもらったほうが良いです。検査はすぐに終わりますし、治療薬を服用することで、発熱期間を短くできます。

詳細を読む